高血圧とトレーニング

2014年01月26日

あなたの血圧はどれくらいですか?
加齢により少し血圧が上がるということがありますし、個人差もありますが
平均値は
上が120mmHg
下が80mmHg
です。

上が140mmHg以上・下が90mmHg以上
だと高血圧であるとされています。
高血圧になる原因はほとんどわかっていません。

高血圧になりやすい人は肥満、ストレス、喫煙、塩分多、飲酒など。

血圧を下げるお茶も販売されていますが、
トレーニングも血圧を下げるのに役に立ちます。
また塩分を控えることで血圧を抑えることができます。

息切れするような激しい運動、喫煙、暖かい場所から寒い場所(寒暖差が激しい)に行くなどは血圧を急激に上げることがあるので要注意です。
この寒い時期はお風呂場が寒いと要注意です。

高血圧の怖いところは脳卒中、腎不全、心臓疾患などリスクを高めることです。

放っておくと動脈硬化を引き起こします。
動脈硬化とは血管の壁が厚くなったり、コレステロールが蓄積され、血流が悪くなる症状です。
それにより、脳卒中、心臓病になる恐れがあります。
肝臓も動脈硬化の影響を受けて、人工透析になる場合もあります。
また自覚症状がないことが多いので日頃から血圧は定期的に計測するのがいいと思います。

どのようなトレーニングが適しているのか?

30分程度の簡単なトレーニング
が適しています。

もちろん最初は病院に行ってトレーニングをしていいかどうかを確認することが大切です。
グリーンベアのファンクショナルトレーニングも高血圧の方に対応できます。
また、自分で始める場合はウォーキングかプールでウォーキングがお勧めです。
ウエイトトレーニング、ゴルフ、ダッシュなどは瞬間的に力を入れることがありますので専門家の指導が必要になります。
薬や血圧を下げるお茶だけに頼らずに簡単なトレーニングをして健康的な体になってほしいと思います。
薬は副作用があり、気分が悪くなることもありますので、なったら薬を飲めばいいやと簡単に考えない方がいいと思います。
高齢者の医療費負担の第一位は高血圧です。
予防することで身体にも家計にも優しいということですね。
どのようなトレーニングをするのか気になるのであればご連絡してください。

グリーンベア 疋田洋平