トレーニングとストレッチで健康寿命が5~10年は違ってくる

2021年11月12日

おはようございます。
トレーナーの疋田です。

 

健康寿命はトレーニングとストレッチで5~10年は延びます!

定年後または子育てがひと段落してからは自分の時間が増えるわけですが、そんな時に体のあちこちに問題があって好きなことができないなんて嫌ですよね?

トレーニングは筋肉の衰えを遅くすることができますし、ストレッチで関節の可動域を維持することができます。

どちらも体が衰えるスピードを遅くしてくる大切な役割があります。

 

 

40~60代は特別なことをしなくても体が強くなるスピードが衰えるスピードを上回ります。

つまり努力した分だけ成長できる。

しかし70代に入ると衰えるスピードが加速してくるので、体の衰えを遅くするのがやっとというのが正直なところです。

定期的に体のケアをしていれば70代後半、80代になっても自分の好きなことができるのも事実。

 

 

運動をしなくても元気な人もいますが、将来の自分がどうなるかは分かりません。

体の痛みや不調に悩まされる時間が少しでも少なくなるように日々できることをしましょう( `ー´)ノ

 

グリーンベア プライベートジム
東京都目黒区自由が丘1-3-22
疋田 洋平

 

Blog

野菜から食べるメリット!
低カロリーで満足できる食事の隠された真実

 

糖質制限のやりすぎは危険!
知られていない怖いリスクと正しい方法

 

健康的に痩せる人は無理な食事制限や
激しい運動をしないという事実

 

Twitter