こむら返りの予防に特別なことは必要なし【3つのポイント】

2021年10月26日

おはようございます。
トレーナーの疋田です。

こむら返りを予防する3つのポイントは、

⑴ ふくらはぎの筋肉を刺激する
⑵ ビタミンとミネラルと補給する
⑶ 足を冷やさない 

サプリや栄養ドリンクを飲む必要なし。

紹介した3つのポイントを抑えていただければ明け方に足がつったりしなくなります。

 

⑴ ふくらはぎの筋肉を刺激する

ふくらはぎの筋肉を刺激するのに有効なのはかかと上げ。

立った状態でただかかとを上げ下げするだけです。

第二の心臓と呼ばれるふくらはぎの筋肉が動くことで全身の血流が良くなり体が温まります。

むくみの改善にもなるので1日10回3セットを目安に行ってください。

それが面倒な場合はエスカレーターやエレベーターを使わずに階段を上るようにします。

かかと上げほどふくらはぎの筋肉に刺激は入りませんが、効果的です。

 

⑵ ビタミンとミネラルを補給する

ビタミンやミネラルが不足すると筋肉がつりやすくなります。

野菜や果物からしっかりと補給しましょう。

サプリや栄養ドリンクで補給するほうが簡単ですが、できれば自然食品から摂取してください。

食物繊維が豊富で食事中に血糖値が急上昇するのを防いでくれます。

250~350gを目安に食べると体に良いです。

 

⑶ 足を冷やさない

足が冷えてしまうとつりやすくなります。

かかと上げなどで体を動かして内側から温めるのいいですし、靴下やホッカイロなどで外側から温めるのもいいです。

明け方に足がつりやすいのは寝ている間に体温が下がるからです。

寝起きは体が固まっているような感覚になるのはそのためです。

冷え性の方は靴下や電気敷布団などを使ってください。

 

 

日頃から体を動かすようにして、バランスの摂れた食事を摂ればこむら返りは予防できます。

しょちゅう足がつって起こされてしまう方はぜひ紹介した3つのポイントを試してみてください。

早ければ3日、遅くても2週間で症状は劇的に改善されます( `ー´)ノ

 

グリーンベア プライベートジム
東京都目黒区自由が丘1-3-22
疋田 洋平

 

Blog

野菜から食べるメリット!
低カロリーで満足できる食事の隠された真実

 

糖質制限のやりすぎは危険!
知られていない怖いリスクと正しい方法

 

健康的に痩せる人は無理な食事制限や
激しい運動をしないという事実

 

Twitter